死体の中ヌーディスト派生活, 人間の肉と飲み物頭蓋骨を食べます

Viven desnudos entre cadáveres y junto a los cuerpos sin vida hacen todo lo que se esperaría de un ser humano: 瞑想, コーナー, セックスを持っています, 喫煙マリファナ… Rodeados de muerte, ライブ極端, 人間の肉を食べます, heces y bebiendo en sus cráneos. Son los Aghoris, una secta 社会の余白に住んでインド, 死と破壊の神々を崇拝 (Shiva y su consorte Shakthi) 彼らは通常、火葬場と墓地で発見され.

バラナシの火葬場の死体 (インド) | アベルコボス

英国の公共テレビ, la BBC, 掘り下げ en esta secta a través del libro Aghori: A伝記小説, que explica sus raíces, モチーフと伝統. 彼は、これらすべての税関macabrasが同じ起源を持っていることを説明して, “明らかと休憩タブーを取ります. 善と悪の通常の概念を拒否“. Es por eso que practican estas locuras y peligrosidades. “Creen que al hacer estas cosas que otros evitan, alcanzan un mayor estado de conciencia”, つまり, que les conecta a la vida y a la divinidad de una forma más cruda y real al actuar de forma que otras personas rechazarían.

あなたのライフスタイルのためのもう一つの理由は、そのAghorisです, 右であるものにブレークと何が間違っているとして、, no tienen consciencia moral y consideran que 自然はすべて同じです, 至高の存在の顕現. 彼らは汎神論です: 神はどこにでもあるとすべての生き物. “なぜ屠殺動物と人間の肉の肉の間の区別をしません. 彼らは何を食べます“, 記事は説明します. 皮肉に, 彼らはタブーを持っています: 性別、多くの練習のいずれかnecrofilia-を持つとき、彼らは生きていると死んだの区別をしません, インクルード 男性間のセックス está estrictamente juzgado y prohibido.

Estos Aghoris suelen vivir aislados, 家族や友人とすべての生命とブレークネクタイのセクション. Solo salen de sus esconditescuando tiene lugar la festividad india del baño llamada クンブ・メーラ“, un peregrinaje multitudinario que se realiza cada aproximadamente tres años. Según apunta la BBC, en toda India —con una población de mil millones de habitantes—, 千Aghorisを持っている必要があります. Una cantidad ridícula para toda la población del país. Por eso, 多くのインド人は彼らの存在に使用されていません, その実践のためにと、すべての噂, creen que es muy desagradable y de mala suerte encontrarse con uno cuando salen a hacer la peregrinación.

その存在の独自性にもかかわらず、, 彼らはまた、社会的機能を持っています. “Aghoriは、人類のほとんどアンタッチャブル人物とみなされている人たちで作業をしています“, cuenta el antropólo Ron Barrett a la BBC. 彼らは、ハンセン病患者と連携します, あなたがインド社会の余白に住んで非難疾患, あなたは流行することを恐れて取り残さ. おそらく最ものでAghoriアンタッチャブルです (国の最低カースト, 事実上の権利と被るなし定数差別), creen en la igualdad de todos los seres vivos y no tienen miedo a cuidar de estas personas enfermas y marginalizadas. 宗派, 故に, a pesar de sus excentricidades ha conseguido un poco de bienestar social.

ソース: codigonuevo.com

そしてあなたは, あなたは思い?

}
ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールミスとレバンテのために署名